業者に頼まず自分でトイレの水漏れを直そう

業者に頼まず自分でトイレの水漏れを直そう 日常生活において、起きて欲しくないトラブルの箇所は、トイレやお風呂、キッチン等の水廻り関連設備です。代表的なトラブルとして排水管やパイプの水漏れや詰まりがあり、放置しておくと生活に支障をきたすこととなります。また、マンション等の共同住宅の場合、階下に浸水してしまうと補償責任を負うことになりますので、日頃から十分、注意が必要です。特に、トイレは生活上、重要な住宅設備機器ですから水漏れや詰まりによって使用不可能となった場合、心身にストレスを強く感じ、自宅生活ができなくなります。改めて、トイレにスポットをあて、急な水漏れに即対応できる知識や日頃の適正な使用方法について考えてみます。

■温水洗浄便座の洗浄水が止まらない場合の自己対処法

昨今、普及率が高い温水洗浄便座は、住宅のみならず商業ビルやホテルなど様々な施設のトイレに設置されています。基本的に温水洗浄便座は、商品分類すると家電製品となります。そのため、適正な使用によってトラブルは発生していない便座が、突然故障してしまうことがあります。例えば、経年劣化によって部品が消耗し破損、その部分より水漏れが発生してしまい洗浄水が停止しない事があります。また、いつのまにか水の元栓が緩み、結果、便座に大量の水が送り込まれてしまいトラブルになるのです。このような場合、慌てないでまず原因を探り、自分で出来る対処を実施します。まずは元栓を閉め、水の流れをコントロールします。第二に、部品や排水管パイプをつないでいるナットやボルトを点検し、緩みが有れば締め直します。第三は、破損した部品そのものの交換です。但し、純正部品の調達や交換方法を確認し行なうこととなります。

■貯水タンクから水が漏れている場合の自己対処法
最近、タンクレスのトイレを見受けますが、家庭ではまだまだ貯水タンクのトイレが多いようです。断水時でも、タンクに給水すれば使用可能となることは大きな利点です。このタンクから水が漏れるケースがあります。その症状は、流水レバーが正常に作動せず、水が止まらない状態や、タンクに貯水できない等の現象です。この状態が長引くと、水道料金が異常に高くなったり使用不可になる場合がありますので、一刻も早く解決すべきです。自己対処としておすすめする基本対応は、まず、タンク全体を目視点検し、特に蓋を注視します。タンクの蓋を開口するとスポンジが装着されており、経年劣化や汚れなど取替え時期の場合、水漏れをしやすくなりますから交換が必要です。自身で簡単に対応できます。次に、タンク上部に装着されている給水管トラブルですが、パッキンを交換するとしっかり水が止まり正常な状態に戻ります。最後は、タンク内のボールタップが作動せず、水が溢れ出る場合です。多少費用がかかりますが、思い切ってボールタップを新品交換した方が解決も早くなります。

■トイレの床が水で濡れている場合、考えられる原因と自己対処法

床が水浸し、または湿っている場合、考えられる原因は、便器の老朽化によりひび割れ等が起因する水漏れです。また、便器とジョイントされている排水管や給水管の不具合も可能性が高いです。便器内部、配管に関する自己対処は、あくまでも緊急措置として考えるべきです。根本的な改善には、豊富な専門知識と高い修繕技術、豊かな経験が必要となります。緊急措置として実施する内容は、まず水漏れ箇所の特定です。発見したら止水のために配管つなぎ部分のボルト等を締め直したり、ボルト並びにパッキン交換等の基本対応となります。ボルトやナット、パッキン等の部品は、ホームセンターで概ね取り扱いされていますから調達できます。但し、自己対応が難しい場合は、ためらわず専門業者に依頼した方が賢明です。また、床が浸水した場合は、湿気や臭いが気になり完全復旧に時間がかかります。そのためには、全体のリフォーム工事も検討しましょう。

■まとめ
滅多にないトイレの水漏れですが、いざ発生した場合、どのように自分で対処すべきか日頃から備えておくことが大切ですが、対処に関する知識と経験が乏しい場合、無理な対処法にはチャレンジしないことがトラブルを拡大しないポイントです。そして、日頃のトイレ掃除の際、異常発見の視点を持ち合わせて清掃することが早期発見、早期修繕につながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース